あたたかさとのふれあい

 

今日は、2ヶ月に1回のドッグセラピーでした。

小さいわんちゃん、ふわふわのねこちゃんだけでなく、

自分よりもずっと大きなわんちゃんとも触れ合いました。

 

「だっこしたい!」と自分から積極的に関わりに行く児童もいれば、

「見てるだけでいい・・・」とわんちゃんねこちゃんを目の前にして足踏みしてしまう児童もいました。

けれど、玩具でいっしょにあそんだり、リードをひかせてもらったり、

自分の手からおやつを与えてみたりと時間をかけて関わるなかで、

ぐっと距離が縮まっていきました。

 

さむい日でしたが、あたたかな命とふれあって、

ほっこり癒されました。

 

 

コメント